ひろひで@膝の痛みのない世界を実現させる理学療法士のプロフィール

うも!!

理学療法士のひろひでです!!

 

僕が理学療法士になったのは

「運動のことを知りたかった」

 

これだけです。小さい頃から剣道をしていて

インターハイに出場したものの、経済的な理由で

大学の体育会で剣道をするのを断念。

 

 

幸い、体育学科だったので、スポーツバイオメカニクスや

スポーツ医学を勉強したのがきっかけで、西武ライオンズの

スポーツドクター・峯島孝雄先生のもとで卒業論文を書く。

 

 

大学卒業後、剣道のことを諦めきれず

「もっと運動のことを知ったら今からで剣道強くなれる」

という希望を持って大卒と同時にリハビリの専門学校へ。

 

 

研究の日々が続く 

難なく、理学療法士の国家資格を取り

大阪の整形外科専門の病院にて、あまりにも

膝の痛みが強くて歩けないという高齢者の方々を

多く見てきたことをきっかけに膝関節の痛みを根治させる方法を

24時間ずっと考える日々が続きます。

 

 

街中で歩いている人を見ては歩行分析、

治療がうまくいかない日には一日中解剖学の教科書を

睨んでいました。

 

肩や膝の業界の重鎮のような先生のセミナーに

行ったとしても納得できるものが見つかりませんでした。

 

 

ただ、ある運動、トレーニングをすると

痛みや姿勢・動作が劇的に改善するというきっかけがあり、

全身の筋肉を一つ一つ、

 

 

「そもそも単独で収縮させられているか」

「単独で収縮を入れると姿勢、動作がどう変化するか」

 

これらを徹底的に調べに調べまくりました。

今日は一日、ハムストのトレーニングしかしないと

どう反応が出るのかと言ったものもやりました。

 

 

その試行錯誤を繰り返した結果・・・

 

全身の各関節には関節を安定させる筋肉が

一関節二つの筋肉により支えられ、爆発的な力を発揮したり、

怪我や慢性疼痛が引き起こされないようになるメカニズムを

知ることとなったのです。

 

 

今では”運動が原因で引き起こされる関節痛は治らない”ことがなくなった。

 

 

さらにセミナーを開いてそのトレーニング法、技術を教えると

 

・ 運動学の全く知識のない整体師が半年後にプロスポーツ選手と契約

・ インターンの学生でも、現場スタッフよりも治療効果を出す

・ 訪問マッサージで劇的に疼痛・動作の改善させる治療家

・ 剣道関係者が続々と昇段したという報告を受ける

 

などなど

治療家が短期間で治療技術を上げている。

僕自身はこれを広めるにあたり雑誌や書籍の出版依頼が

くるようになった。

表紙軽め

※この本は監修にて姿勢改善というテーマでトレーニングを教えている

※今現在、僕自身のトレーニングの本を出版予定である

 

 

これは僕だったからできた結果ではないです。

筋力トレーニングはアスリートでも高齢者でも

できるので、それを正しく教えているだけなんです。

 

今の目標は
『全国に治せる治療家集団を作ること』

街の治療院と言われるところで、整体師や鍼灸、柔整師、

そしてトレーナーや理学療法士などなど

 

 

治療家やセラピストと呼ばれる人が

”治せる治療家”になれれば日本は痛みに悩む人が

少なくなると思っています。というか、街の治療院も

整形外科も慢性疼痛を治せなさすぎてビビります。。。

 

 

運動のことを知れば誰でも治せる治療家になれます!!

そして、『人は運動で幸せになれる』ということを全力で

伝えるために今も治療家に

 

 

・ 運動の本質と治療

・ 治療家としての働き方、生き方

 

についてお話ししています!!運動や治療のことで

分からないことがあるのであれば僕に何でも聞いてください!!

 

次に”治せる治療家”になるのはあなたです!!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

笹川ひろひで