結局関節を治しているのって…

 

どうも、こんにちは!!
理学療法士のひろひでです!!

 

身体を治す治療家っていうのは…

 

毎月セミナーや勉強会に行って
勉強しないといけない・・・

 

って人が多くて、腰痛の解剖学だけでも
勉強会に出席したりするわけです。しかも

 

一回1万円…

 

みたいなものがたくさん出回ってしますね。
そして○〇調整法とか、○〇テクニックとか、
色んな治療家のためのセミナーが開かれていますが、

 
関節の痛みを治すまたは脳卒中の
リハビリで行っている治療というのは

 

関節のアライメントを治す

 
これしかしていません。
肩関節のインピンジを取り除くのも
肩関節の位置が修正されているから
痛みが取れるわけですよね!?

 

膝関節も鵞足や内側側副靭帯(MCL)が
ストレスのない歩き方ができてはじめて
痛みが取れるんですよね?

 
それは膝関節の位置を修正している
に他なりません。

 

さらに脳卒中の患者さんも一気に
筋肉が動かなくなるわけですが、
安全に歩けるようになるため、骨盤の
位置を保てるように治療するわけです。

 

まりは姿勢・運動を治す専門家は
具体的にはアライメントの修正を行っている
に過ぎないわけです。

 

痛みのない手の上げ方を習得させる、
筋力をつける、可動域を上げるというのは
すべてアライメントの修正ですよね!?

 

療者は治療後に

 

動作を診るなり、関節を動かすなり
自分が行った治療の効果を確認しないと
自分の治療が良かったのか分かりません。

 

体的には治療後に

・ 関節可動域を確認する
・ 疼痛を引き起こす動作をしてもらう
・ 歩行をしてもらう

 

など様々な方法で自分の治療の結果を
知ることができます。経験年数を重ねると…

 

これを確認しないで治療を終わらせる
人が非常に多いのですが、

 
経験年数1年目でも、
臨床家と呼ばれる人でも、
ベテランと呼ばれる人でも

 
この作業を避けてはいけません。

 

治療現場でも必ず治療前後に動作が
どう変わったのか確認してくださいね!!

 

ひろひで@理学療法士×剣道家×社長

役に立ったら下記から応援よろしくお願いします(^^♪

本気で患者さんを治したいなら下記からメルマガで勉強しましょう(^^♪
バナ