トレンデレンブルク徴候がおこる本当の理由とは・・・

 

んにちは。
理学療法士のひろひでです。

 


臨床上もっとも有効であり、特徴的な
徴候としてトレンデレンブルク徴候と
デュシェンヌ徴候のお話しを前回にさせて
いただきました。

 

二つの徴候は

 

「中殿筋の筋力低下」

 

とされていますが、実はなぜ中殿筋の
筋力低下を起こす原因はそれぞれ違う
のです。

 


なぜトレンデレンブルク徴候は単なる
中殿筋の筋力低下でないのか、あなたは
ご存知ですか??

 

もしこれを知っていなければ

 

大腿骨頸部骨折術後の患者さんの
下肢筋緊張を楽にすることができず
可動域を広げることができません。

 

いつまでたっても痛みが取れず
跛行が出現してしまいます。

 


治療院の治療でも、股関節の前面痛や
脊柱管狭窄症の症状、または変形性膝
関節症の痛みを取ることができないのです。

 

臨床上とても重要な徴候だからこそ
治療家として絶対に治せるようになる
必要がありますね(^^♪

 

では本日もトレンデレンブルク徴候の
おこる本当の原因のお話しをさせていただき
ます。

 

回もトレンデレンブルク徴候は
”多裂筋の筋力低下”で出現することを
お話ししました。

 

多裂筋の作用は股関節中間位~伸展位
での骨盤の挙上運動です。

 

これが歩いているときはリバース
アクションで(荷重下の場合末梢では
なく中枢側で関節運動を起こすこと)

 

ヒールコンタクト(かかと接地)を迎えた
時に荷重側へ体幹の側屈動作がおこり
ます。

 

これはデュシャンヌ徴候と同じなのですが、
じつは多裂筋が筋力低下を起こすと、この
体幹の側屈動作ができず、跛行が生じたり
するわけです。

 

この状態では股関節内転位で荷重して
しまうので、内転筋の遠心性収縮が得られず
多裂筋と内転筋は同時に筋力低下を起こすことが
ほとんどです。

 


トレンデレンブルク徴候はさらに
大腿部の外側機構に支持を任せて
しまうので、非常に外側部の筋緊張が
高くなっていきます。

 

また内転筋と多裂筋の萎縮がものすごく
強くなってしまうと腰椎は後弯し・・・

 

・ 股関節の屈曲拘縮
・ 開排制限が強くなる

 


こういった症状も見られるようになります。

 

ですので、変形性膝関節症で膝を曲げて
歩いてしまう人はこのように多裂筋が
筋力低下を起こしていることがほとんどです。

 

トレンデレンブルク徴候は殿筋の筋力低下を
起こしていますが、本当の理由は多裂筋の
萎縮から起こっています。

 

原因に対してアプローチするから治療効果が
得られるわけで、いくら殿筋のトレーニングを
しても得られる効果は半減します。

 

一度腰椎後弯している患者さんに
多裂筋のエクササイズをしてみてください。

 

驚くほど筋緊張が軽減しますよ(^^♪

 

ひろひで@理学療法士×剣道家×社長

役に立ったら下記から応援よろしくお願いします(^^♪

本気で患者さんを治したいなら下記からメルマガで勉強しましょう(^^♪
バナ