鍼灸・整体・柔整師でもわかる運動学 ~歩行時に働く筋肉~

どうも!!こんにちは!
理学療法士のひろひでです!!

 

腰痛や膝関節痛、股関節痛を
治したいと思っていても、患者さんの
動作の見方を知らない人が多いです。

 

理学療法では動作分析は必須なの
ですが、町の治療院で働く治療家も

 


姿勢・動作を改善して根本的に
関節の痛みを治すことができなければ
いけません。

 


しかしほとんどの治療家は
動作分析を学ぶ機会が少ないため

 

最も多く行う”歩行”

 


がなぜ腰痛を引き起こすのか
考えることができないんですね。

 

関節の痛みを治す治療家が
動作を知る、動作を修正する
ことをせずに

 

根本的に関節の痛みを治せるでしょうか??

 


日常生活で行っている
歩き方が積み重なって膝や
腰の痛みを引き起こしている
のがほとんどです。

 

動作を改善せずに筋肉の疲労と
みなしてマッサージで治せるので
しょうか??

 

加齢とともに変化すると思われて
いる歩き方ですがほとんど筋力の
衰えが原因です。

 


そして筋力は年齢が高齢に
なっても再生する、向上することが
明らかにされています。

 


高齢になっても筋力を改善すると
姿勢、動作が変わるということです。

 

そこで本日は矢状面上から見た
(横から歩き方を見た場合)歩行時に
どこの筋肉が働くのかを解説しました。

 

 

いかがでしたか??
これは理学療法士になる
過程で学ばないといけない
ことですが、

 

もっともスタンダードな歩行の
見方です。

 

・ 足首は下がっていないか
・ 腰折れができていないか
・ 膝がロックされていないか

 
などなど
筋力が落ちていくと様々な
歩き方が見られるのです。

 
歩行分析ができると

 
”どこの筋力が落ちているのか”

 


予測がつきます。
あとは徒手筋力テストで
確かめればいいわけですよね!?

 
筋肉というのはトレーニングした後
すぐに効果が現れます。重いものを
持った後に軽いものを持ったとき

 

非常に軽く感じるのと同じです。
脳からの指令が多くなるため、
すぐに筋力が改善するのです。

 

これらを見ることができれば、
十分に高齢であっても痛みのない
動作へと修正することが可能なんですね。

 
あまりにも変形が強い関節は
関節の変形は治りませんが、
痛みを引き起こす動作は改善する
ことができます。

 

一緒に根本的に治せるセラピストに
なりましょう~(^^♪

ひろひで@理学療法士×剣道家×社長

役に立ったら下記から応援よろしくお願いします(^^♪

本気で患者さんを治したいなら下記からメルマガで勉強しましょう(^^♪
バナ