【足関節の診方9】足へのテーピングはアライメント別に行うべき

こんにちは!!理学療法士のひろひでです!!

 

スポーツ現場ではよく足首のテーピングが
行われますし、私も昔は痛みをその場で改善できない時は
仕方なく使っていました。

 

今は全く使いません笑

 

しかし、応急処置としてやらなければ
いけない時もあるのでそういった場合は
テーピングを巻きますし、98%くらいの
確率で良い結果を出せます。

 

その良い結果を出すためのテーピングの
巻き方についてお話ししていきます!

 

テーピングはアスレティックトレーナーでは
綺麗にしかもスピーディに巻けないと試験に
落ちてしまうようですが、

 

テーピングはただ足首を固めれば良いというものではありません。

 

良い結果を出すためには
もっとも足首にストレスをかけない
関節の動きをさせるテープを巻く必要があります。

 

その機構はウインドラス機構を用いて
これまで説明してきましたが、足首を
安定させている筋肉は

 

・ 後脛骨筋(アーチを引き上げる)

・ 腓骨筋群(アーチを下げる)

 

この二つです。この二つの筋肉が
しっかりと働くと足首は地面に対して
まっすぐに着くことができるようになるため

 

かかとの外側が擦れたり、
魚の目やタコがなくなったり、
土踏まずの疲労が取れたり、

 

するわけです。

 

スポーツの現場では事故的に
足首を痛めるケースが非常に多いです。

 

例えば、ジャンプした後の着地に失敗する、
誤ってボールを踏んでしまい、足首をひねるなど

 

バレーボールではブロック後に
ボールや人の足に乗ってしまって
怪我をすることが多いです。

 

このように突発的に強い外傷が引き起こされると

 

足首は思うように動いてくれません。

 

先ほどの足首を安定させる機構である
後脛骨筋や腓骨筋の働き一気に失うことに
なるわけです。

 

テーピングをする際は

 

これらの機構のサポートをしてあげる
テープを巻いてあげることで、ほぼ確実に
痛みを軽減させて、跛行が出る歩行も改善します。

 

どのように巻くのかというと

 

後脛骨筋サポート
として舟状骨から後脛骨筋に沿って
土踏まずを引き上げるようにテープを
巻きます。

もともと、扁平足の選手や
外反母趾のある選手には
非常に有効なテープです。

 

またほとんどの選手は腓骨筋が
働かなくなるのですが土踏まずと足の甲を
一周するように足部の回内を誘導するように
ぐるっとテープを巻きます。

 

そうすることで

 

腓骨筋のサポートをしてくれるので
足の外側に体重が乗ってしまうことを
抑制でき

 

その場でスポーツを続行できたりもします。

 

まとめると

 

ただ固めるだけのテーピングは誰でも
巻くことができますが、その選手のアライメントや
働いていない筋肉の補助をするためのテープは

 

非常に有効だということです^ ^

 

まあ、きちんとした治療していれば

 

どんなにひどい足関節捻挫でも
2週間とかで腫脹は改善しますし
競技復帰もできます。

 

一ヶ月以上ずっと足首が痛い・・・

 

なんていうのは明らかに治療の仕方が
間違っているか、骨折しているかのどちらかです。

 

足部アライメントの評価の重要性は
何度もお話ししてきましたが、今までの
知識がしっかり身についていれば

 

テーピングにも応用できるのです!!

 

また何か分からないことがあれば
聞いてくださいね〜^ ^