足関節障害の8割はハイアーチが原因!?

こんにちは!!理学療法士のひろひでです!!

 

前回の偏平足やローアーチの評価の仕方は
いかがでしたか??結構勘違いしているのは

 

偏平足 = 機能障害

 

だと思っている人が圧倒的に多いです。ですが、
これは足部の形の特徴であって、たとえば立位で
がに股で歩く人と内またで歩く人の違いくらいなものです。

 

わざわざ、それを修正しようとする人はいないわけです。

 

ということで、本日はハイアーチについてお話したいと思います。

 

ハイアーチの人の特徴は土踏まずの内側が
浮いてきやすいために小趾側へ体重が乗りやすく
逆に母指球の方では過緊張になります。

 

ではハイアーチになる理由をお伝えします。

sokutei56

ハイアーチは足趾が背屈位になったとき
ウインドラス機構という足底腱膜が引っ張られて
帆を張ったようにアーチが高くなります。

 

これが正常な反応なのですが

 

これが異常に起こった場合は常に指が反り上がり
体重が小指へ乗りやすくスポーツ選手では
第五中足骨骨折につながったりします。

 

ではなぜ指が反り上がってしまうのかというと
それは腓骨筋の筋力低下が根底にあるからです。

promete_A_H

腓骨筋は

 

底屈位での足部外転や足部の回内動作に
関係しています。もし足部を外側へ動かす力が
弱くなると同じような作用の筋肉が過剰に働きだします。

 

ではあなたも実際にやってみてください。

 

足部を”背屈位に”して足部を思い切り外転させてください。
間違いなく母指以外の足趾の伸筋=長趾伸筋が背屈し
腓骨筋にはあまり力が入らないはずです。

 

腓骨筋に収縮を感じたとしても代償動作が
出ているのであまり筋力増強にはならないのです。

 

たとえば、捻挫をしてこのようなトレーニングを
続けても腓骨筋の筋力は改善しないので、長趾伸筋は
どんどん過緊張になっていきます。

 

そうすればウインドラス機構は過剰に働くため
ハイアーチになり土踏まずが浮いた分を抑えるため
母指球筋は過剰に働きだします。

 

さらに、アーチを高くするための
後脛骨筋も過緊張になっていきます。

 

ですので、ハイアーチになるだけで

 

足の甲が痛くなったり、小指側に体重が乗りやすくなり
タコや魚の目ができたり、母指球が疲労しやすかったり
足底腱膜が痛くなったりするわけです(^^♪

 

まとめますと

 

・ ハイアーチによる症状は非常に多い

・ ハイアーチは腓骨筋の筋力低下が原因

・ 腓骨筋が弱いと長趾伸筋が過緊張になり
  ウインドラス機構によってアーチが上がる

 

この3つをしっかりと覚えて現場で
役立ててほしいなと思います(^^♪

 

実際に正しく腓骨筋をトレーニングできた場合は
母指球の圧痛が取れたり、足底腱膜がその場で
劇的に柔らかくなるのでぜひやってください!!

 

本気で患者さんを治したいなら下記からメルマガで勉強しましょう(^^♪
バナ