腰痛患者によく診られる、〇〇知っていますか??

んにちは!!
理学療法士のひろひでです。

 

関節の痛みというのは
人それぞれ違うと言われて
いますが、

 

人間が日本だけでも1億人いて
しかも腰痛で悩んでいる患者さんは
かなり多くいます。

 


何万人もいる腰痛患者さんが
一人だけ全く原因の違う腰痛が
あるというのは考えにくいです。

 

よく患者さん一人ひとり、
個別に治療をしなければいけない
と言われていますが、

 


それは患者さんの特徴を
一人ひとり診ていない証拠です。

 

患者さんの関節可動域や
筋力の特徴を一人ひとり調べて
いくと、ある一定の症状がみられるのです。

 

※ほとんどの治療家はこんな面倒なことは
調べたりしませんが、実はこれで分かることが
たくさんあるんですね!!

 

股関節が過剰に内旋したり、過剰に
外旋可動域があったり、開排制限があったり…。

 

ある動作ができない人は○〇が萎縮していたりと。

 

とえば

 

多裂筋にスパズムのある人は
股関節の外旋制限を伴う人が多く
います。

 

腰方形筋にスパズムや過緊張に
なっている人は〇〇に特徴が
あります。

 

その○〇とは!?

 

これは多裂筋に筋力低下を
起こしている人のほとんどが
ありますが、

 

”腸腰筋の停止部に圧痛がある”

 


ということが多々見られます。
試しにがに股で歩いている男性患者さんが
腰痛を訴えているなら、腸腰筋の停止部を
グッと押してみてください。

 

飛び上るほどの痛みを訴えます。

 

※ただしその部位に対してアプローチは
原因に対しての治療ではないのでやめましょう。

 

女性では開排制限がある人の
ほとんどに腸腰筋の圧痛が
あります。

 

男性と女性では骨盤の形状が違い、
股関節の機能が少し変わってきますが、

 

男性ではがに股歩きの人、
女性では開排制限のある人には

 


共通して腸腰筋の圧痛が
あります。

 


この特徴のある人には多裂筋への
アプローチが非常に有効なのですが、
コアとなる治療方法は無料メルマガで
解説していますので、今すぐに登録して
くださいね(^^♪

 

この多裂筋へのアプローチは治療で
かなり有効ですし、難渋する膝の痛みに
対してもかなり有効です。

 

こっそり他の治療家を出し抜きたいなら
勉強してみてください。

 

ひろひで@理学療法士×剣道家×社長

役に立ったら下記から応援よろしくお願いします(^^♪

本気で患者さんを治したいなら下記からメルマガで勉強しましょう(^^♪
バナ

 

腰痛