腰痛治療の悩みは全てこれに集結するのですが

んにちは!!
理学療法士のひろひでです。

 


今日はとんでもないことを
お話ししたいと思います!!

 

というのは、そもそもなぜ人間は
腰痛を引き起こしてしまうのかに
ついてです。

 

それを人間はサルから進化した際に
四つ這いで腰椎後弯していた状態から
立ったからだ!!

 

なんていう説を唱える人もいます。

 

実際どうなんでしょうか??
治療家のあなたはどう考えますか??

 

僕は今の人間が四つ這いで過ごして
いたら、確かに腰痛はなくなるかもしれま
せんが、絶対首を痛めると思います笑。

 

というのも、腰痛がなぜ起こるのかを
整理してみると良いでしょう。

 

腰痛は明らかに!!

 


上半身の重さを支える中で起こって
います。臓器も含めて、上肢や頭部、体幹も
含めてです。

 

で、その上半身を支えているのは
どこかというと…

 


下半身です。

 

冗談だろ…と突っ込まれそうですが、
事実下半身で支えているわけですが、

 

それは下半身のどこで支えているのか
を考えることが重要なのです。

 

たとえば膝が曲がっていたら、
上半身を支える割合は膝関節で
多くなります。

 

つまり走ったり、物を持ったりするときは
膝に負担がかかりやすいということです。

 


ゃ、なぜ腰痛が起こるのかについて
戻りますが、腰部の負担がかかりやすい
姿勢や動作をしているに他なりません。

 

腰部に負担のかかる動作というのは
股関節の力を使わない姿勢のことを言います。

 

スクワット姿勢をきれいに取れなければ
当然、腰に負担がかかるのと同じで、
立っているときも股関節が働いていなければ

 

必然的に腰の負担は増えていきます。

 

そして

 

股関節の力を使っている状態というのは
明らかに、臀部の筋力を使って上半身を
支えているかなのです。

 

腰痛を訴える人の臀部の筋力を
調べてみてください。

 

例外なく臀部の力は弱くなっています。

 

大殿筋や中殿筋、ハムストリングス
などいずれか必ず弱くなっています。

 

ですから臀部のトレーニングは腰痛治療に
関して必須な訳です。

 

腰の負担が多きくなって痛みを引き起こしている
のに、筋肉を柔らかくして症状を改善するのは
本末転倒です。

 


使うべき筋力を改善しなければ、
必ず再発していきます。ややこしいのは、
股関節と腰椎というのは非常に近い部分で
すので、分けて使うということが難しいのです。

 

なので鍼灸、柔整、理学療法限らず
治療家としてこの部分は診ていただきたいと
思います(^^♪

 

ひろひで@理学療法士×剣道家×社長

役に立ったら下記から応援よろしくお願いします(^^♪

本気で患者さんを治したいなら下記からメルマガで勉強しましょう(^^♪
バナ

 

腰痛