前鋸筋の筋力低下はかなり厄介!?

こんにちは!!理学療法士のひろひでです!!

 

僕も以前は治せないただの療法士でした。
特に肩関節の痛みを訴える患者さんには
”お手上げ状態”だったのですが(笑)

 

肩関節や頸椎の安定性に強く関与しているのが
この前鋸筋なのです。

腹斜筋と前鋸筋

この前鋸筋が弱いと本当に様々な症状を引き起こします。

 

たとえば肩関節から上腕外側にかけての
放散痛のようなしびれを伴う痛みだったり、
肩関節全体的に力が入らない・・・と訴えたり
肩が前方へ位置するようになるため首の痛みを
訴えたりと、もう本当に症状は様々です。

 

特に

全体的に力が入らない=どの方向への運動も弱くなる
菱形筋や僧帽筋下部繊維の筋力低下なのでは
と評価し間違ってしまうことが多いです。

 

これで僕も評価が間違っているので
全然改善しなかったり、たくさんの運動を
行っていたわけなのです。

 

前鋸筋が筋力低下を起こすと・・・

 

同じ方向性の筋肉が過緊張になりだします。
それが小胸筋です。
3990b4aa

どこの筋肉も筋力低下を起こした場合は
同じに多様な作用を持つ筋肉が代償し
過緊張になっていきます。

 

たとえば腸腰筋が筋力低下を起こすと
大腿直筋や大腿筋膜張筋が過緊張になるのと
全く同じです。

 

このように前鋸筋が筋力低下を起こし
小胸筋が過剰に働きだすと肩甲骨は前傾・外転し
肩関節は前方変位してきます。

 

これによって菱形筋は伸張位になるので
菱形筋の張りを感じるようになったりするわけです。

 

菱形筋が伸張され、小胸筋が短縮すると・・・

肩甲骨が胸郭に押し付けられるように
肩甲骨が胸郭にへばりついてきます。そうすると
肩甲胸郭関節でバキバキっと轢音が出るように
なったり

 

また胸郭が押し付けられるので胸椎が
フラットになっていきます。胸郭がフラットに
なっていくと当然頸椎の方でもフラットになるわけで
斜角筋が過緊張を引き起こすわけなのです。

e3d075e77a25e309a6d3d4af7b78d195

 

これらの流れが胸郭出口症候群の
原因になっているというのは言うまでもありません。

 

たくさんお話ししましたけど重要なのは
前鋸筋の筋力低下が起きると様々なよくわからない
症状がたくさん起きてきます。

 

これは臨床家であり、肩関節学会の権威である
理学療法士の先生ですら良くわからないというのが
現状なのです。

※実際に僕がこのような現象について直接本人に
 聞いてきました(笑)

 

患者さんの体というのは構造は全くほかの患者さんと同じです。

 

一人一人の症状やアライメント、姿勢が全く違う、
なんてことはあり得ないです。全く違うなら科学的な
アプローチは通用しないからです。

 

持っている関節や筋肉が同じなので
症状もある程度同じに生じてきますし、
全く同じアプローチでも治っていくわけです。

 

これさえわかってしまえば治療なんて10分も
かからないで簡単に治せてしまうんですけどね(^^♪

 

ですので、前鋸筋の筋力低下は初めのうちは
評価し分けるのが難しいですが、徐々に理解
できるようになります。

 

また何かあればお気軽に聞いてくださいね~(^^♪

 

本気で患者さんを治したいなら下記からメルマガで勉強しましょう(^^♪
バナ