鍼灸や柔整師、新人セラピストでも〇〇さえできれば、患者さんは絶対に治ります

んにちは。
理学療法士のひろひでです。

 

今日はとっても大切なお話しを
していきます。

 

「これさえできれば患者さんは
絶対に良くなる」

 

っていう基礎基本をお伝えします。

 

これができなければ、経験年数10年で
あっても、新人治療家に馬鹿にされる
ことになります。

 


先輩セラピストからも
「お前全然できないなぁ」なんて
思われてしまいます。

 

なんで新人治療家は馬鹿にされる
のでしょうか??何で先輩セラピストに
馬鹿にされないといけないのでしょうか??

 

これから治療をする上で最も
大切なお話しをします。

 

たとえば腰痛。

 


方形筋に筋スパズムがあり腰を
捻ったり、起き上がるときに腰が
痛くなる人がいます。

 


あなたはどういった治療をしますか?

 

筋スパズムをダイレクトに圧迫する、
物理療法で温める、腰部のストレッチを
する、腹筋を鍛える、

 

色々あると思いますが、本当に
重要なことはたった一つだけです。
そして非常にシンプルです。

 

それは・・・

 

”問題点に優先順位をつけて治療しているか”

 


です。理学療法士は関節の痛みで
あろうが、歩けない人に対してだろうが、

 

問題点 ⇒ 問題点を改善するための
治療プログラム

 

という考え方をします。これだけでは
絶対に患者さんは良くならないのですが、

 

問題点に優先順位をつけることが
もっとも重要なことなのです。

 

ということは、全然治療技術の上がらない
人は優先順位がつけられないので、治療
効果のないことを続けていることが多いと
いうことに他なりません。

 

先ほどの例でいくと・・・

 

部の筋スパズムというのは、なぜ
できるのですか??

 

赤ちゃんや体の柔らかい小学生は
筋スパズムはないです。

 

患者さんは必ず

 


筋スパズムがなかった状態
⇒ 筋スパズムがある状態

 

に変化しているわけです。だから
腰痛が生じるのですが、それがなぜ
おこるのかは、患者さんの姿勢・動作が
そうしているに他なりません。

 

姿勢・動作が偏ると筋肉の使う
部分は偏ります。つまり使う筋肉と
使っていない筋肉が出てきます。

 

使う筋肉の使用頻度が多くなれば
必然的に疲労しやすく、短縮しやすく
なります。

 


じゃ、

 

どうやって筋スパズムを簡単に
取ってあげるのかは、普段から
使っていない筋肉が働けばいいのです。

 


つまり筋トレです。

 

だから筋スパズムを取ってあげる際に
もっとも優先的に行うべきは筋トレなのです。

 

はっきり言いますと・・・

 

ダイレクトに圧迫するよりも、トレーニング
させたほうが短時間で筋肉が柔らかくなり
ますし、持続します。

 

やってみてください。私はダイレクトに圧迫
してみて、効果を感じることができなかったので
やめたんです。

 

ストレッチや筋力トレーニングの順序を
間違えると、効果が薄らいだり、全く効果が
なかったりするのが分かるかと思います。

 

治療効果を感じられない人は
今すぐに、今やっていることと違う
ことをしてみてください。

 

それを続ければ絶対に一流の治療家に
なれますから。

 

 

ひろひで@理学療法士×剣道家×社長

役に立ったら下記から応援よろしくお願いします(^^♪

本気で患者さんを治したいなら下記からメルマガで勉強しましょう(^^♪
バナ