これ意識して行うだけで、あなたの治療技術は劇的に向上する

mudamuda

どうも!!ひろひでです。

新人理学療法士に対して教育を

していた時のお話しをしたいと思います。

 

 

そもそも教育というのはものすごく

深くて面白いのですが、私は大学時代に

体育学科だったので教員免許を取得しま

した。

 

 

その経験もあって

「新人セラピストがどうすればできるか」

ということを一日中時間をつぶして考えた

こともあります。

 

 

やっぱり、最高の技術というのは

「自分ができる」ということではなくて、

「他人でもできるようにする」ということ

ですね。

 

 

”教えられる”ということは自分がまず

理解していないとできないので、頭の

中で言語化することで知識が整理する

んですね。

 

 

ということで、本日は”あることを意識する”

だけで劇的に治療技術が上げられることを

お話ししたいと思います。

 

 

治療技術を高める人はいろんな方法が

あると思います。

 

 

セミナーに参加する、文献を読む、教科書を

読む、人のマネをする、先輩に教えてもらう、

 

などなど。

ですが、取り入れた知識が身になっている人と

そうでない人がいるのですが、そこには劇的な

違いがあるんですね。

 

 

知識を頭に詰め込むだけが、治療技術を

上げることにもつながりません。

 

 

大学の教授の中には、マニアみたいな

人もいるので臨床とかけ離れた研究も

されているのですが、

 

 

治療技術をあげたいなら一つだけ

意識してください。

 

 

それは

”効果のない治療は行わない”

 

 

ということです。

結構これやっているセラピストが非常に

多いです。

 

 

膝の痛みを訴えている人にパテラ

セッティングを以前は私もしていましたが

現在は一切行っていません。

 

 

なぜなら、効果がないからです。

 

 

たしかに内側広筋や内転筋は膝の痛みを

訴える人において萎縮していることが多いです。

 

 

”筋力が弱っているから鍛えよう”

 

 

という発想からすれば、パテラセッティングで

内側広筋を鍛えて膝の痛みがなくなるなら

それで良いと思いますが、

 

 

現実はどうでしょうか?

教科書に載っているようなことをして

一時的には良くなったように見えて実は

全く改善していないケースが多いです。

 

 

内側広筋が萎縮する理由は

膝関節の腫脹により炎症反応が

おこった後に起こる生理反応です。

 

 

ですから、内側広筋の萎縮というのは

膝の痛みの二次的な産物です。腫れたから

萎縮するのです。

 

 

なので、内側広筋が膝関節の痛みの

第一選択というのはナンセンスなんですね。

 

 

膝周囲の筋力が萎縮する前に

なぜ膝にストレスがかかる動作になって

いたのか原因を調べられなければ根本的に

痛みを取るのは難しいです。

 

 

このようにパテラセッティングを例に

あげましたが、整形領域であれば

原因に対してのアプローチができれば

その場で即時効果を得られます。

 

 

そして、それが本当の原因で

あれば治療すればするほど効果も

持続します。

 

 

やってもすぐに効果がなくなるのは

原因に対してのアプローチができていない

証拠です。

 

 

たった一つ

”効果のないことはやらない”という

ことを意識するだけで、

 

 

何をやれば姿勢を変えられるのか、

動作を変えられるのかという思考に変わり

ますので、一気に頭をフル回転しながら

治療に取り組めるわけです。

 

 

というか、ほとんどのセラピストは

”効果のない治療はしない”という選択する

と”できる治療がなくなる”というのが本音です。

 

 

そこで粘って考えて治療する人もいれば

あきらめる人もいます。残念ながら。

 

 

ということで、治療の際に意識するべきことは

たくさんあるのですが、たったこれ一つ意識する

だけで自分の頭が新しい知識を取り入れようと

スイッチが入りますので、意識して治療してみて

ください(^^♪

 

 

役に立ったらポチッと応援よろしくお願いします(^^♪

バナ