治療テクニックに頼っている人は実は頭使っていない

こんにちは!!

理学療法士のひろひでです。

 

最近思うんですが、治療技術を学ぶのに

お金を使っている人はあんまり頭使って

いないという点です。

 

 

”答えをもらうため”にセミナーに行って

いる感じで笑。

 

 

PNFとかボバースとかいろいろありますけど

実際患者さんを前にして治療効果が思うように

表れない時、

 

 

「おれの治療テクニックが悪いんだ・・・」

 

って思っている人がものすごく多いです。

私はこれに関して全く悲観する必要が

ないと思っているんですけど、

 

治療テクニック不足ではなく、そもそも

原因に対して治療しているのか、考える方が

よっぽど重要です。

 

 

天と地との差くらいに。

 

 

結局のところ、レビュー論文をたくさん読もうが

論文をたくさん読んでいようが、セミナーにたくさん

受講していようが、

 

 

治療技術には全く関係ありません。

別に治療技術の向上に知識はそこまで

必要ないからです。

 

 

最低限の解剖学、運動学くらいは覚えて

ほしいですが、最も重要なのか

 

 

「患者さんの症状がなぜ出現しているのか」

の追求だけです。

 

 

テクニックなんて関係ありません。

たとえば、変形性膝関節症患者は内転筋の

萎縮とともに内側ハムの過緊張を併発している

ことが非常に多い。

 

 

それは股関節内転筋の作用を内側ハムが

代償しているからに他なりません。

 

 

それで鵞足部に痛みが生じているときに

いくら内側ハムのストレッチや物理療法を

行っても意味がないのです。

 

 

なぜなら内側ハムは内転筋の筋力が改善し

なければ、永遠と内転筋の機能を代償するから

です。

 

 

なので

当たり前ですが、過緊張があるから、筋スパズムが

あるからストレッチ、マッサージを選択するというのは

全くもってナンセンスです。

 

 

こういった人間の構造や機能を無視して

「これをやれば患者さんが治る!」テクニックを

学んだところで、得ているものなんてたかが知れて

います。

 

 

まずテクニックを学ぶなら、一つ目に考えることは

そのテクニックが何の目的や何の改善を狙って

行われているのかを十分に考える必要があります。

 

 

そして

 

 

それが分かればテクニックを使わなくても

具体的にはMMTのような徒手筋力検査で

おこなうようなレベルの技術でも患者さんの

痛みを出している関節は十分治ります。

 

 

だから私は

「自分の技術に自信がない、テクニック不足だ・・・」

なんて思っている人には

 

 

「リスクの範囲内であれば何をやってもいい」

とアドバイスしています。

 

 

リハビリではまずは転倒させないことです(笑)

重要なのは、自分が仮説を立てて検証してみる

というのが最も重要なんです。

 

 

私自身、患者さんには申し訳なかったですが

ありとあらゆるストレッチ、筋トレ、手技、テクニックを

行ってきました。

 

 

セミナーで学んだことのほとんどは

効果がないと感じたので使っていません。

 

 

レビュー論文に書かれているありとあらゆる

こともしてきました。そのうちに効果のあるものは

ほんの一部です。

 

 

現在は歩行を見ればどこが悪いのか

ほとんど分かるようになって、軽くROMすれば

原因が分かるようになってきました。

 

 

それは以前にたくさんの患者さんに

仮説、検証を繰り返してきた結果が

私の中にあるからです。

 

 

なので、実際の治療の中で行うものは

2,3個の筋力トレーニングとストレッチ

だけでほとんど治ってしまいます。

 

 

何を言いたいのかというとまずもって

”食わず嫌い”はダメだということです。教わった

ことを素直にやらない人は非常に多い。

 

 

一度やってみて効果があったのなら続ける、

効果がないのであれば原因を考え直して他の策を練る、

 

 

これだけでいいです。たったこれだけで

自分の治療技術というのは洗練されて

いきます。

 

 

その仮説・検証の繰り返しは自分の財産と

なり自分の真の知識として蓄えられていくのです。

 

 

治療がうまくいかなかった時には

ぜひ「自分の技術不足」と考えるのではなく

「原因に対してアプローチしているのか」に

フォーカスを当てて仮説・検証してみましょう(^^♪

 

 

役に立ったらポチッと応援よろしくお願いします(^^♪

バナ