治療家として関節の痛みの原因を調べる ~評価学の重要性~

 

どうも!!
理学療法士のひろひでです!!

 

以前関節の痛みの原因を
調べるために・・・

 
病態評価
機能評価

 
この二つを分けて考えるように
お話ししました。

 

関節がどのような動きや姿勢に
なると痛みが生じるのかを調べる
方法です。

 

肩関節や腰椎など部位別に
調べる方法はまずは基本を
押さえてから学びましょう(^^♪

 

理学療法を学ぶ上で【評価学】と
いうのが最も重要になるのですが、

 
評価学と言ってもリハビリの世界では

 

脳神経の異常の評価方法、
運動失調の評価方法、
末梢神経障害の評価方法などなど

 

関節の痛みを調べる方法以外にも
評価方法というのはたくさんあるんですね。

 
ですから

 
今回は運動器疾患、つまりは
慢性疼痛疾患や外傷などに
役立つ評価学についての
お話しです。

 

ではこちらの動画をご覧ください。

 

関節の痛みを調べるには

・ 整形外科テスト
・ 関節可動域
・ 徒手筋力テスト
・ 動作分析

 
これらは必須です。
動作をみて、
どこの関節や組織が痛いのか、
なぜ痛みが出る動作になるのか

 
順序立てて調べることができます。
普段何となく行っているものを

 

なぜ関節が固いのか

 
追及していくことで自然と
患者さんを治せる治療家に
なることができるのです。

 

何事も基礎基本が大切。
まずは患者さんの痛みの原因を
調べられるようになりましょう~(^^♪

ひろひで@理学療法士×剣道家×社長

役に立ったら下記から応援よろしくお願いします(^^♪

本気で患者さんを治したいなら下記からメルマガで勉強しましょう(^^♪
バナ