治療テクニックを学びに行くより、解剖学の教科書を一日中にらんでました(笑)

 

こんにちは。
理学療法士のひろひでです。

 

私は理学療法士として整形外科の
病院や回復期リハビリの病院、さらに
呼吸器リハビリを行ってきた経験があります。

 

周囲の方からありがたいことに

 

「ものすごい勉強していますね」
「どこで勉強しているんですか?」

 
なんていうことをよく聞かれましたが
本当はあまり勉強していたわけでは
ありません。

 
テクニックのセミナーや勉強会も
理学療法士になりたてにもかかわらず
年に3回ほどしか行っていませんでした。

 

しかし

 

臨床上で起こることは治療家として
分からないことが非常に多く悩みました。

 
その時にしていたのが・・・

 

解剖学の教科書:プロメテウスと一日中
にらめっこしていたということです。

 

筋肉の走行や作用は教科書に書かれて
いる以外にも、たくさんの作用が秘められて
います。

 

内側ハムストリングスは内転筋の
一部でありますし、内転筋も股関節
内旋・伸展動作に関与しています。

 

教科書だけではわからないことを
徹底的にプロメテウスという解剖図から
痛みがいき起こされる原因を一日中
考えていました。

 

そんなことを一年半くらい続けて
いると、二年目にして歩いている
様子でどこが機能低下を引き起こして
いるのか、ほとんど分かってしまいます。

 

「がに股で歩いている人は〇〇と
○〇の筋力低下が生じている」

 
なんてことが簡単に分かってしまうのです。
一応、本当かどうかも評価するのですが、

 

もっとも重要なことは、レビュー論文や
エビデンスを鵜呑みにしないということです。

 
自分で実践してみて効果のあることだけを
患者さんの治療に行っていくだけでも
かなりテクニックは上達していきます。

 

逆にいつまでも上達しない人は
効果のない治療をいつまでも続けて
います。

 

本人たちは効果がないということに
気が付いていません。

 
一日中解剖図を眺めるということが
良いということではありませんが、自分の
目を鍛えるということではいいかもしれないです(^^♪

 

 

ひろひで@理学療法士×剣道家×社長

役に立ったら下記から応援よろしくお願いします(^^♪

本気で患者さんを治したいなら下記からメルマガで勉強しましょう(^^♪
バナ