徒手筋力テストなんか知らなくてもいい!!

 

どうも、こんにちは!!
理学療法士のひろひでです。
前回徒手筋力テストによって
人の異常な姿勢や動作が分かる
ようになることをお話ししました。
⇒ 筋力はなぜ診るのか

 

そして筋力を測定するためには
もっとも簡便な方法が

 

徒手筋力検査=MMT

 

です。しかしこれは学校で教わる
基本の筋力テストなので、実際の
現場で使用する検査法は少ないです。

 

徒手筋力検査のマニュアルを知って
いても、治療現場では使えない!!

 

っていう場面がたくさんあるんですね。
徒手筋力検査を学んでこれだけ
実践している人は絶対に効果的な
治療を行うことができません。

 

しかし筋力検査を知らなくても
これさえ知っていれば、どんな筋肉の
筋力も測定することができるようになります。

 

これは臨床家と呼ばれる
人たちなら絶対に行っている
ことなんですが、

 

そもそも筋力とは、筋収縮の
強さであり、
『筋肉の起始停止部分がどれだけ
強く近づくか』

ということです。
これでピンと来る人がいるかも
しれませんね。

 

ですから、
筋肉の走行が分かれば、筋肉の
働きが分かります。その方向に治療家が
抵抗をかけてあげたり、運動をしてもらえば
個別の筋肉全て筋力測定をすることができます。
たとえば…

 

大胸筋を例にしましょう。

大胸筋は鎖骨部、胸肋部、腹部と
別れます。大胸筋一つとっても3部に
分かれ、しかも筋肉の働きが違います。

鎖骨部は肩関節を内転させるの
ですが、筋線維の走行は鎖骨から
上腕骨へ斜めに下がっています。

この部分の始めと終わりが近づくと
図でいえば左上肢は反対側の肩へ
向かって動きます。

逆に腹部は上肢挙上位から、反対側の
下肢へ向かって動かすようになります。

筋肉の走行によってすべての
作用が分かるため、徒手筋力検査自体
覚えなくても筋力テストはできるんですね!!

筋肉の作用に対して抵抗をかけてあげるだけ!!

さらに、反対側の筋力の左右差を見て
異常動作がなぜ起こるのかを推測できます。

これさえ理解できれば、

解剖学の図を見ただけで筋肉の働きが
分かり、筋力テストをどうすればできるのか
自分で考えられるようになるんですね。

もし自分の患者さんが筋力が弱いな~

って思ったときは、筋肉の働きを
考えて、治療家が抵抗をかけて
あげればすぐに筋力が分かって
しまいます。

ぜひ筋力テストを実践してみて
くださいね!!

期間限定で無料メルマガにて
鍼灸・整体・柔整師でもわかる理学療法学を
教えています。

下記から登録してくださいね(^^♪

ひろひで@理学療法士×剣道家×社長

役に立ったら下記から応援よろしくお願いします(^^♪

本気で患者さんを治したいなら下記からメルマガで勉強しましょう(^^♪
バナ