日本の変形性膝関節症をなくす!!

こんにちは!!
理学療法士のひろひでです!!

 

 

 

あなたは本気で患者さんを治療したいと
思いますか??

 

 

 

町の整体師や鍼灸師の方がどれだけ
しっかり患者さんを治せているでしょうか?
私は以前まで病院で勤めていた時、

 

 

 

「整体に行ったら腕がしびれるように
なったのできました」

 

 


という患者さんを何度も見てきました。
なぜ町の治療院は患者さんを治せないのかを
調べているうちに・・・

 

 

鍼灸師や整体師、柔整師さんは

 

 

 

「患者さんのどこが悪いのかを調べる
評価学を学ばない」

 

 

ということを知ったのです。
理学療法士から言わせると・・・

 

 


体を痛めている原因が分からないのに
治療していることになります・・・。つまり
やっちゃいけないこともやってしまっている
可能性があるわけです。

 

 

しかし私は理学療法士よりも町の治療院
の人たちの協力が得られなければ日本の
慢性疼痛疾患を治すことができないと
考えています。

 

 

それは明らかに都市にいる理学療法士
よりも、身近なのは治療院だからです。

 

 

 

病院の整形外科では待ち時間が長いし、
電気治療や牽引だけで終わるところも
あります。

 

 

ですから理学療法士よりも治療院で働いて
いる人がみ~んな治療技術を身につけたら

 

 

 

日本の慢性疼痛疾患は激減するのです。

 

 

 

病院や介護老人保健施設にしかいない
理学療法士よりも治療院で働いている人たち
が日本の未来の鍵を握っているわけです。

 

 

そこで治療院で働いている人たち(以下を
セラピストと呼びます)が何を学ばなければ
いけないのかというと・・・

 

 

 

どこが悪いのかを調べる評価学もそうですが、
その前に基本である『運動学』です。

 

 


解剖学や生理学はセラピストも学びますが、
運動学を深いところまでは学びません。

 

 

 

簡単に言えば・・・

 

 

 

どのような異常動作が見られたら、どんな
検査、治療をするべきなのかを勉強する
必要があるわけです。

 

 


これを抜きにしては・・・

 

 

患者さんの痛めている原因が分からない
まま治療しているので、患者さんは治るはずが
ないんですね。

 

 

 

解剖学や生理学は学んでも臨床に
生かすことができないのは・・・

 

 


運動学を身につけていないからです。動作や
身体の機能異常を見極めることができず、
患者さんのどこが悪いのかを理解することが
できないからですね。

 

 


ですからまずセラピストが身につけるべきは
『運動学』を徹底して学ぶことです!!

 

 


本日はこの辺でお話しを終わりたいと思います!!

 

ひろひで@理学療法士×剣道家×社長

役に立ったら下記から応援よろしくお願いします(^^♪

本気で患者さんを治したいなら下記からメルマガで勉強しましょう(^^♪
バナ