教科書脳から抜け出せなければ患者さんを治せません

んにちは。
理学療法士のひろひでです。

 

 

 

あなたは患者さんの関節痛の
本当の理由がわかりますか?

 

 


町の治療院に来てくれた患者さんが
腰が痛くて耐えられず泣きついてきました。

 

 

 

その方に対してあなたのマッサージや
鍼灸で患者さんを救うことができますか?

 

 

 

そんな足を引きずってまで来てくれた
患者さんに対して、教科書に書いてある
ことをすれば治ると思いますか?

 

 

レビュー論文に書いてあったから
という理由で治療を選択しては
いないでしょうか?

 

 

 

この思考になっている人は

 

 

 

難渋症例でも軽症の患者さんでも
治療に時間がかかったり、何をどう
したらいいのか分からなくなって
しまいます。

 

 

 

なぜなら

 

 

 

科書や論文に書いていることを
本当にそうなのか考えたことがない
ので、

 

 

 

本当に効果のある治療を知らない
からです。レビュー論文でも効果のある
治療方法がありますが、

 

 

 

あれは基本的に標準化した患者さんの
話をしている、または理論上の話をして
います。

 

 

 

つまり色々な症状やアライメント、
姿勢・動作の特徴を無視したうえで
テクニックを紹介しているので、

 

 

 

当たり前ですが

 

 

 

効果の出る患者さんとそうでない
患者さんで出てきます。

 

 


何も考えずに治療している治療家は
”思考停止状態”なので、楽な方へ
楽な方へ治療していきます。

 

 

要は何も考えずに教わったことを
ただ忠実にしていればよいという
考え方で治療しているのです。

 

 

 

たとえば

 

 

 

形性膝関節症の患者さんなら
誰でも”パテラセッティング”するような
ことが教科書に書かれていますが、

 

 

 

私がパテラセッティングを行って
改善した症例はほぼいません。

 

 

パテラセッティングで内側広筋を
鍛えるなら、荷重下で内側ハムを効かせる
エクササイズをしたほうが断然効きます。

 

 

 

荷重下で内側ハムが効く姿勢を取れるなら
自然に内側広筋を働かせられます。

 

 

 

ほとんどの治療家は常識にとらわれて
膝の痛み = 内側広筋萎縮 = パテラセッティング

 

 

 

ということをしてしまいます。

 

 

 

私がたくさんの膝OA患者の治療を行って
きて感じたことは、内側広筋は二次的に
萎縮するということです。

 

 

 

内側広筋が初めに萎縮することはありません。

 

 

 

何らかの理由で(多いのは内転筋や腸腰筋、
ハムストリングスの筋力低下による膝の動揺)
膝の腫脹を起こし、

 

 

 

その炎症により内側広筋が萎縮する
ケースがほとんどです。

 

 

つまり膝が腫れてしまったから内側広筋は
萎縮するのであって、もっとも優先すべきことは
内側広筋の筋力増強ではなく、

 

 

 

腫脹を起こすような不良アライメントを
最優先で治すべきです。

 

 

教科書に書いてあることが本当か
どうかはわかりません。それを自分で
しっかりと確かめてみる、効果がないなら
違う方法を考える、

 

 

 

たったこの繰り返しだけで、治療技術は
自然と上がっていきます。もっとも危惧すべきは

 

 

 

”思考停止状態”

 

 

 

です。治療家として技術をあげたいなら
自分の目でしっかりと確かめてみてください。

 

 

 

PS

 

 

今なら鍼灸、柔整師や新人理学療法士が

すぐに実践できる変形性膝関節症の治療法を

無料メルマガで教えています。

 

 

 

「何をやったらよくなるのかわからない・・・」

 

 

 

って方は患者さんをどう治療

していくのかを学べます。

 

 

 

いずれ有料にする内容ですので、

今のうちに無料登録していてください(^^♪

 

 

ひろひで@理学療法士×剣道家×社長

役に立ったら下記から応援よろしくお願いします(^^♪

本気で患者さんを治したいなら下記からメルマガで勉強しましょう(^^♪
バナ