究極の姿勢をバイオメカニクスで考察

こんにちは!!理学療法士のひろひでです。

 

僕の得意とするバイオメカニクス講座も
本日で一旦終わりにしたいと思います(^^♪

 

難しい話もしていましたが
きちんとついて来てこれましたか??(笑)

 

今はわからなくても運動療法で
患者さんを治せるようになると真の
うんどうがく、かいぼうがくが理解できる
ようになってきます。

 

ですので、

今回のお話は
”まっすぐに立つ”ということについて
お話します。

 

このまっすぐに立つという感覚は
本当に難しいです。まっすぐに立てれば
重心線に各関節が限りなく近づきます。

 

ということは同時に脱力も可能だと
いうことです。これはスポーツの分野では
早く動くことに超重要ですし、

 

特に対人競技では相手に悟られない
ように動いていく必要があるので
”脱力”というキーワードが外せないのです。

 

ということで

まっすぐ立つということについて
解説していますのでご覧ください(^^♪

⇒ https://youtu.be/H3Kct1NjaNQ

※またの機会にバイオメカニクス講座は
 やろうと思っていますので楽しみに
 していてくださいね!!

役に立ったら下記をクリックして応援して
くださいね(^^♪

⇒ http://blog.with2.net/link.php?1755760:1704

コメントを残す