膝関節の痛みに内側広筋は鍛える必要はない

こんにちは!!理学療法士のひろひでです!!
 
 
今日は膝関節の痛みを運動学的に
解説していきたいと思います。

 

形性膝関節症を根本的に治すための
無料メルマガはこちら

⇒ http://bit.ly/2togEPP
 

 
で、タイトルにあるように
僕は膝関節の治療で必須だと言われている
内側広筋を鍛えたことがありません。
 
 

あなたは代表的な内側広筋のトレーニング
”パテラセッティング”を今でも続けているので
しょうか??

69caab1604dabe484deeda79f88dc2d1
 
 
なぜなら
鍛える必要がないからです笑

 

内側広筋というのは
 
 
内側ハムストリングスが効いた時に
正常に働く筋肉です。内側広筋は膝関節を
屈曲位の状態でしかも等尺性収縮をさせた時に
もっとも働くという論文があります。
 
 

しかし、これは股関節をしっかりと
屈曲した姿勢でのお話です。
 

 
股関節屈曲させた姿勢というのは
腰椎が曲がったりしてはいけません。
純粋な股関節の屈曲が行われた時に
スクワットをすると

 
 
内側広筋がもっとも働くのです。

 
 
ですが、股関節を純粋に曲げると
いうのは腸腰筋と内側ハムが同時に
しっかりと働かないとできません。
 

 
つまり、腸腰筋と内側ハムが正常に
働かないと内側広筋は働くことができない
ということが分かると思います。
 
 

例えば、このスクワットをみてください。
 
 
da7520c346b3ad2f6fe780dd9d474d50

このスクワットの女性では一見キレイに
スクワットをしているように見えます。よ〜く
見てみると
 

 
股関節は曲がらずに、腰が曲がっている
 
 

のですが、股関節を純粋に曲げるという姿勢は
股関節の伸筋(内側ハム)や臀筋にものすごく収縮が
入ります。
 

 
臀筋の筋力が重た〜い上半身を
支えられなければどうなるでしょうか?
 

 
体重は変わったりしませんので、どこかで
重たい上半身を支えなければいけないのです。
 

 
そうすると
 
 
腰椎の伸筋が働いて代償するため
腰が丸まった姿勢になったり
 
 

膝を前に出して大腿の前面の
筋肉を使って支えようとします。
 
 

画像では腰が反って、膝が前に出て
きますが、膝は脛骨が床と垂直になる
ところまでいかないとハム・臀筋の
筋力が弱いと判断することができます。
 

 
※物理学的に考えてです
 
 

いかがでしょうか?スクワットを一つ
取ってみただけでもこれだけのことが
分かりますが、純粋に股関節を曲げる動作は

 

”股関節を純粋に曲げる腸腰筋と
重たい上半身を支える臀筋、ハムの筋力が
根本的に必要だ”

 

ということがわかりますね?
なので、膝関節を伸ばす内側広筋は
立ち座りの痛みを訴えるような患者さんに
必要な筋肉かというと
 
 

腸腰筋や内側ハムには劣る
 
 

という結論に至るのです。
かなり難しいお話をしていますが
実際にはこんな難しいことを考えずに
筋トレで治っちゃいますので安心して
くださいね^_^笑
 

 
明日も膝関節の治療で超重要なお話の
まとめがありますので見逃さずに見て
くださいね〜^_^

 
分からないことがあれば何でも聞いてください!!

 

本気で患者さんを治したいなら下記からメルマガで勉強しましょう(^^♪
バナ

コメントを残す