治療技術学べばたった一カ月でも・・・勉強会成果報告

こんにちは!!理学療法士のひろひでです!!

 

最近、僕の治療家コミュニティの勉強会を
してきましたよ~(^^♪完全に男ばっかりですが(笑)
終わって一週間もしない内に

 

「すごく治りますね!!」

 

というご報告をいただきます!!嬉しいですね!

seikahoukoku

 

こんな感じの投稿もたくさんありますが随時
症例発表のようなこともしているので、この
コミュニティにいるだけで自然に勉強漬けに(笑)
なってしまうんですね~(^^♪

seika

 

僕のコミュニティは合宿後2カ月経ったら
そうとう現場で筋トレを試してくれているので
ほとんどが治せない状況がない、レベルになってから

 

”症例報告会”を開きます。
普段から症例報告してくれる方もいますが(笑)

 

自分がどんな考えで、どんな治療を選択したのか

 

頭の中にある情報を絞り出すわけですが
言葉や文字にして出すということは一度
自分の中で整理ができないと文章って書けないんですね(^^♪

 

普段から書く練習をしている人は
伝えたいことをストレートに伝えることが
できます。

 

インプット2割、アウトプット8割

 

というのが僕の考えにあるのですが、
学んだことや考えたことはどんどん発信して
深い知識として貯めたほうが良いですよ(^^♪

 

このコミュニティでも発信の数が多い人、
質問が多い人ほどたった3ヶ月で柔整師さんや
つい最近始めた整体師さんまで

 

理学療法士と同じくらい、または
理学療法士以上の結果を

 

出せるようになるんですね!!
なのでもはや治療技術というのは
科学的な視点で考えると

 

「治せるのが当たり前の世界」

 

に突入しています。身体の構造は
高齢者であっても、小学生であっても、
トップアスリートも持っている関節や筋肉は
全く同じです。

 

立つためには、走るためには、高く跳ぶためには

 

全てが違うわけではなく、それに見合った
機能が備わっているかだけの違いです(^^♪

 

あなたも”治せる治療家”になっちゃいましょう~

 

本気で患者さんを治したいなら下記からメルマガで勉強しましょう(^^♪
バナ

 

コメントを残す