膝の痛い人は絶対に○○に異常が起きる

んにちは!!理学療法士のひろひでです。

 

膝の痛みを訴える人はなぜ膝関節が痛くなって

いくのでしょうか?ある高齢者の方はどんどん軟骨のすり減りと

ともに筋肉が萎縮していき歩行時に体重を乗せる度に痛みを

引き起こします。

 

 

若いスポーツ選手では高校生になってもオスグットシュラッター病に

悩まされます。「もう年かな・・・」と思われるような年代になった人が

膝の痛みを訴える時にも膝には必ず”ある異常”が起きています。

 

 

それは・・・

 

”内側ハムストリングスの筋緊張が正常ではなくなる”

のです。女性はとくに60歳前後に膝の痛みを訴えることが

多くちょうどその時期に前十字靭帯も伸びていってしまうと

言われています。

 

 

側ハムストリングスの異常とは

① 内側ハムストリングス自体の筋力低下

② 内側ハムストリングスの過緊張

 

 

この二つを指します。

この二つの違いはその人がもつ骨盤から足部までの

アライメントによって左右されるのですが、この二つの

異常はどちらにしろ膝伸展の関節外モーメントを増大させ

膝関節のストレスを増大させます。

 

 

膝の痛みを訴える人のほとんどが大腿直筋や外側広筋が

固いのはこのためです。この二つの筋肉は過用状態となり

筋緊張が高くなります。

 

 

しかし

 

こからが大事なのですが、どちらの異常も内側型のOAを

引き起こす原因になるのですが、歩容には大きな違い

与えます。

 

 

①の内側ハムストリングスの筋力低下の場合には内側ハムが

上手く働かないので踵接地時の膝の緩衝動作がなくなります。

つまり、反張膝または膝を伸展位でロックした状態で歩くように

なります。

 

 

患者さんが

「膝が曲げられないんです」という場合が非常に多く、このように

歩いている人は大腿筋膜張筋の過緊張も伴っているため、ガーディ

結節の部位や大腿筋膜張筋の起始部の痛みを訴えるのです。

 

 

もう一つの②内側ハムストリングスの過緊張の場合は

内側ハムが過緊張になる原因を治さないと改善しません。

歩容はがに股で膝屈曲位で歩くのが特徴です。

 

 

ほとんどの膝の痛みを訴える人がこのような

状態ですが、内側ハムが過緊張になる原因として

”内転筋の萎縮”が根本にあります。

 

 

内転筋が萎縮すると股関節の内転作用を持つ筋肉は

内側ハムしかありません。股関節の内転作用をどこからか

持って来ないといけなくなり内側ハムは内転筋の機能を

代償しようとするのです。

 

 

このように内側ハムには異常の起こり方が二種類ある

のですが、根本的におこなっていく治療が異なってくるため

注意が必要です。

 

 

まずは

①内側ハムは筋力低下を起こしている?

②内側ハムは過緊張を起こしている?

 

これを見分けられるようにしましょう(^^♪

 

役に立ったらポチッと応援よろしくお願いします(^^♪

バナ

 

コメントを残す