肩を内旋しながら挙上する異常動作

こんにちは!!理学療法士のひろひでです!!

 

肩関節の治療が難しいと感じているあなたは

めちゃめちゃ重要をお話ししていますし、他の治療家が

分からない部位を的確にお伝えしているのでここで

勉強していってくださいね!!

 

 

ということで、今回は肩関節痛の代償運動ですが、

上腕二頭筋以外にも他に代償動作が診られるので

その原因も含めてお話ししていきますね(^^♪

 

 

肩関節の代償運動で多くみられるのは上腕二頭筋による

代償動作ですが、その他には肩を内旋しながら痛みを訴える

患者さんも中にはいます。

 

 

この動作ではむしろ上腕二頭筋は働きにくい

状態ですので、他に代償動作が生じていることが

ほとんどです。

 

 

なぜ肩関節を内旋しながら挙上運動を起こすのかは

”肩甲下筋の筋力低下”が根本的に存在するからです。

 

 

肩甲下筋は肩関節内旋筋で最も重要な筋肉ですが、

これがしっかりと働かないと小胸筋や大胸筋(特に鎖骨部)が

異常に過緊張を引き起こします。

 

なので、肩関節を内旋しながら挙上動作を行うんですね(^^♪

 

 

ですが、肩甲下筋は前鋸筋によって固定されて初めて働く

筋肉なので前鋸筋にも筋力低下がないかチェックしてみて

くださいね!!

 

 

この状態を肩を評価してみると肩関節内旋時、内転時に

強く痛みを生じたり、肩関節外転時よりも屈曲時の

方が痛みを強く引き起こす傾向にあります。

 

 

なぜならば、屈曲位や内旋位、内転位では

肩甲下筋が短縮位になるので働きにくい肢位と

なり痛みを強く生じるのです。

 

 

とくに水平内転などは強い制限と強い痛みを

訴えますが、可動域を向上させるだけのROMエクササイズを

しても痛みが増強するだけです。

 

 

しっかりと前鋸筋または肩甲下筋をトレーニングする

ことで、可動域の向上とともに疼痛軽減ができますので

今すぐ実践してみてくださいね(^^♪

 

 

ではまた!!

 

役に立ったらポチッと応援よろしくお願いします(^^♪

バナ

 

コメントを残す